カテゴリー

最高の幸せって何?私がヒーリングを通して学んだ事とは

目安時間:約 9分

ヒーリングで乗り越えた、最大の試練とは

前回の記事はこちらから

私は今まで数々のヒーリングやエネルギーワークを受けてきましたが、一番自分が変わったな、と思うことは、母親との関係でした。


第一話で話した通り、私は子供のころから遠慮深く、また自分勝手に、「親に何を話しても無駄」と思いこんでいました。何を言っても怒られる、話を聞いてもらえない。そう思いこんでいました。


ボキャブラリーや表現力の乏しい子供時代、自分の気持ちをきちんと言葉にして言えなかった、悲しみ、くやしさ、怒り。


母親もまた、忙しさにかまけて、また、子供の気持ちがわからずに、受け流してしまった時もあったでしょう。


「話を聞いて」これが、私の心の叫びでした。

どんどん変わる母親との関係、そして、主人とも。

数々のヒーリングやエネルギーワークを受けて。また、女神に覚醒したことで。私が封じ込めていた、がんじがらめにしていた怒り、悲しみ、くやしさがでてきた時。


「お母さん、私、このことが言えてなかった」そう思い、衝動にかられ、母親に電話した時もあったし、またタイミングよく母からお茶に誘われた時も何回もありました。

今思えば、母も、何にも話してくれない私をさみしく感じていたんでしょう。何かを話せば、いつもきちんと、真剣に聞いてくれました。


「やっといろいろ話してくれるようになった」と、喜んでもらえる時もありました。


そして、私が一番伝えたかったのは、感謝の気持ち。大人になって、また、私自身も母親になって、わかった母としての苦しみ、葛藤。


「ありがとう。産んでくれて、育ててくれて、感謝しているよ」

主人がなぜか理解してくれるように。性被害にあった自分が癒せるように。

母との関係が良好になる事で、なぜか主人との関係もどんどん良くなり、家にいなくて怒ってばかりいた父親も許すことができ、「妹ばかりかわいがって」と、どこかで憎んでいた妹にも心を開くことができたのです。


そして、一番分かった、とってもとっても大切な事は。

「私は、神様から愛されていた」


「私は、世界中から、愛され、受け入れられていた」という事だったのです。

何を成し遂げなくても。誰かから賞賛されなくても。誰の役に立っていないように一見思えても。どんなに辛くても。私は、愛され、守られ、受け入れられていた。


産まれてきて、一生懸命毎日を生きているだけで、素晴らしい。


ヒーリングを通し、そう心から思える時間が増えていきました。

そして、何より驚いた事は

10歳から性被害に私はあっているのですが、私を苦しめたその人を許せた事でした。

許す。これは、自分を癒してしかできないプロセスだ、という事に気づきました。


私が思う、「自由の女神」とは

いつもいつも、無理して。人の為に、人に認められたくて、愛されたくて、倒れるまで、心の病気になってまでも、自分をないがしろにして。優越感にひたりたくて、人より頑張って。


そんな自分が、少しずつ自由になり、「私は、私でいいのだ。」と思えるようになる現実になっていくたびに、私にとって大切なものもどんどん変わっていきました。


人の称賛や、すごいね、と言われることではなく。愛されようと無理するのではなく。周りの空気を勝手によむのではなく。


自分の気持ちを素直に伝えあう、愛にあふれた人間関係を大切にするようになりました。ブログで自己開示をすることも、怖くなくなりました。

お金を稼ぐことが偉い、というのではなく、お金を稼ぐのも、愛がないとできないということも学びました


人に適当に受け流したり、言い訳をするのではなく、きちんと自分の正直な気持ちを伝える事ができるようになりました。


私は、今、真剣に人生と、そして人様とむきあっている。私の受容。思いやり。そして、自然に周りも受容し、思いやれるようになりました。

自分しか、自分を幸せにできない。ヒーリングはそのサポート

もちろん、完全ではない。人間だから、日々落ち込むこともある。だけど、それも自分とむきあうことを、人様とむきあうことを、忘れないでいるから。


この私のブログは、人に幸せにしてもらおうとか、誰かに願いを叶えてもらおうとか、自分の向き合うのが面倒、怖い、という方にはスルーされてしまうと思う。


私は、どんなに辛くても、怖くても、自分とむきあい、勝手な思い込みから自由になり、ありのままの自分を受け入れられる、そんな自由の女神と一緒に、自分たちだけの幸せを追求していきたい。


自分だけが、自分を幸せにできる。私は、ヒーリングや、直接お話するセッション、伝授、講習で、たくさんの方と出会うたびに、そう思う。そして、私が、幸せのサポートをさせてもらう事に最大の喜びを感じます。

あなたとの出会いは、奇跡。そして宝物。

女神覚醒講習などに加えて。これからはヒーラーやワーカーさんを目指す方々の支援もしていきますし、発達障害の子育てで悩んでいるお母さんのためのカウンセリング(スターシードガイダンス)もしていきます。


この地球に、もっともっと、自由の女神が増えて、周りに愛と幸せを振りまいていけますように。


アセンションした地球が、もっともっと平和な星になっていきますように。


子供たちがもっともっと幸せで平和になっていきますように。


あなたが、健康で、幸せで、愛と思いやりに満ちていて、平和でありますように。


「女神と龍のヒーリング」

スターシード 半澤登志子


各種ヒーリング、カウンセリング、講習

お申込みはこちらから

https://ws.formzu.net/fgen/S71710838/

無条件の愛のヒーリング

無償で行なっています。

お申込みはLINE@からどうぞ

https://line.me/R/ti/p/%40gwd0984w

各種ヒーリング、エネルギーワーク

一覧はこちらからどうぞ

ヒーリング

https://ameblo.jp/toshiko08-02/entry-12329038721.html?frm=theme

女神のディバインカウンセリング

講習、伝授

https://ameblo.jp/toshiko08-02/entry-12459163854.html

お客様のご感想、レビュー

https://ameblo.jp/toshiko08-02/theme-10104641293.html



公式LINEお友達追加はこちらから

一斉ヒーリングのご案内などを不定期で
配信しています。
現在事務局都合により、チャットを停止させていただいております。また、メルマガは終了しています。

●ご自身にあったヒーリングやカウンセリングが知りたいという方は、コンサルテーションをお受けいただいております。

遠隔ヒーリングをお申込みの方へ

●こちらでご入金が確認できてから翌日以降のご希望日でお受けしております。

●20歳未満の方は原則ご利用できませんが、ご両親の代理申請はお受けいたします。

●現在ご病気等で通院されている方は、病気が治るものではないことをご理解下さい。

●精神疾患等で通院、投薬を受けてる方、妊娠中の方のご利用は、一切お断りしております。何かあってもこちらでは責任がとれません。ご了承ください。

●運転中に受け取る事はおやめください。

●ご利用案内を必ずお読みくださいますよう、お願いいたします。

一番おススメの通話セッション スピリチュアルガイダンスプログラム

よくある質問


この記事に関連する記事一覧

新ブログ アメブロ はこちらから
半澤登志子プロフィール


半澤登志子 はんざわとしこ

ヒーリングサロン 女神と龍のヒーリング 代表

1971年8月 横浜市生まれ
現在は岐阜県多治見市在住

スピリチュアルティーチャー ヒーラー カウンセラー

2017年から、スピリチュアルティーチャー 
錬金術師 
地上の女神 聖母 ドラゴンマスター 
シャーマンエンジェル 超越の女神
愛の覚醒の女神イシュタール
地球神界、銀河神界ライトワーカーとして覚醒

エステティックサロン なごみサロンエステティシャン
MEGAMI Yoga ヨガインストラクター

マインドフルネススペシャリスト

新 女神の覚醒ワーク 講師
チャネリングコネクテッド講習 講師
無条件の愛のヒーリング講習 講師
新 サイキックプロテクション講習 講師
新 気功鍼講習 講師
リバースカウンセリングスキル講習受講
リバース女神のディバインカウンセラー受講
リバーススーパーバイザートレーニング受講
リバースカリスマスピリチュアルティーチャー覚醒プログラム受講

日本マヤ暦セラピスト協会認定 マヤ暦ライフナビゲーター

パニック障害、うつ、過食症、不眠症などを
ヒーリングや食事法、ヨガ、マインドフルネス瞑想で克服

スピリチュアル情報誌anemone 2019年3月号に掲載される

その方の魂が望む変化を促すヒーリング、エネルギーワークや、究極の自己受容を実現する地上の女神覚醒講習、ヒーラー養成講習、チャネリングスクールなどを行っています。教える事が大好きで、オンラインヨガインストラクターとして自分の身体を大切にする活動も行なっています。

詳しいプロフィールはこちら

趣味 ヨガ 現在全米ヨガアライアンスの資格取得のため勉強中。


スピリチュアルランキング


霊視ランキング

遠隔ヒーリング全メニューはこちらから
一番おススメの通話セッション スピリチュアルガイダンスプログラム
通話カウンセリング詳細はこちらから
最近の投稿

ページの先頭へ