カテゴリー

子供は大人の波動しかみていない


「どう言えば、どう言葉を選べばわかってもらえるか?」


「どういう言い方をすれば相手を思い通りにする事ができるか?」


このように、「言い方、伝え方」を学ぶのは今までは悪くなかったのです。ですが、


これからは、「どんな波動で伝えればいいか?」を大切にしていく時代かもしれません。


「相手を思い通りにしたい、コントロールしたい」という願望は、どんなに優しい言い方をしたとしても相手にその波動が伝わります。


逆に、愛からくる波動で物事を伝えれば、たとえ口調はきつくても、「自分のためを思って伝えてくれてる」と相手は感じるのです


今、自分は何を思ってるか?その言動は愛からきているのか?


を、常に意識されるといいかもしれませんね。


また、「相手を思い通りにしたい」という思いに、もしきづいたなら、


なぜ自分はそう思うのか?を内観してみるのがすごく大切です。


支配、コントロール欲は、大抵は恐れからきています。


自分は、何を恐れているのか?これに向き合い、恐れの原因を少しずつ手放す事が大切。


こういうのは自分で気付くのはすごく大変です。だから、私はセッションでお手伝いしています。


自分の中にひそむ闇に向き合い、手放していかないとこれからの時代は決して幸せになれません。


幸せは外の条件ではなく、内にあるものですが、自分の闇に向き合う事で、内にある幸せがでてきます。でてくると、自己受容感がたかまります。


自分の闇に向き合う事を恐れている人は、また、それも波動にでます。


特に子供は波動やエネルギーを感じ取るのは天才的ですので。子育てされている方はわかると思いますが。


子育ても、結局は自分といかに向き合うか、だけですからね。私も毎日自閉の息子と向き合い、そして自分と向き合っています。



セッションに興味がある方はぜひこちらの記事もご覧ください。



現在メルマガは休止しています

半澤登志子 プロフィール

10歳から既に人間不信、不登校児で小学校に行けない日々。性被害にもあい苦しい若年をおくる。

10代から過食症、うつ、パニック障害、さまざまな心身病を発症
25歳から成功哲学に興味をもち
お勤めできないゆえに様々な事業で独立
借金地獄で苦しんだ経験も。

27歳で脳の病気になり半身付随寸前なのを
ガイドに助けてもらう。

40歳で高齢出産後
不眠症とうつ、パニック障害で苦しみ
ヒーリングや瞑想、ヨガで救われる。

もとはかなりのスピリチュアルアンチで
目に見えるものや理屈しか信じなかったが
エステティシャンをしているうちに
高次元と会話できる自分に気づく。

詳しいプロフィールはこちらから

女神になろう!スピリチュアルアンチだった私が、なぜヒーラー、そして女神になったのか?


この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
半澤登志子プロフィール


半澤登志子 はんざわとしこ

ヒーリングサロン 女神と龍のヒーリング 代表

1971年8月 横浜市生まれ
現在は岐阜県多治見市在住

スピリチュアルヒーラー カウンセラー

2017年から、錬金術師 
地上の女神 聖母 ドラゴンマスター 
シャーマンエンジェル 超越の女神
愛の覚醒の女神イシュタール
地球神界、銀河神界ライトワーカーとして覚醒

エステティックサロン なごみサロンエステティシャン
MEGAMI Yoga ヨガインストラクター

マインドフルネススペシャリスト

新 女神の覚醒ワーク 講師
チャネリングコネクテッド講習 講師
無条件の愛のヒーリング講習 講師
新 サイキックプロテクション講習 講師
新 気功鍼講習 講師
リーブスカウンセリングスキル講習受講
リバース女神のディバインカウンセラー受講

日本マヤ暦セラピスト協会認定 マヤ暦ライフナビゲーター

パニック障害、うつ、過食症、不眠症などを
ヒーリングや食事法、ヨガ、マインドフルネス瞑想で完治、克服

スピリチュアル情報誌anemone 2019年3月号に掲載される

その方の魂が望む変化を促すヒーリング、エネルギーワークや、究極の自己受容を実現する地上の女神覚醒講習、ヒーラー養成講習、チャネリングスクールなどを行っています。教える事が大好きで、オンラインヨガインストラクターとして自分の身体を大切にする活動も行なっています。

詳しいプロフィールはこちら

趣味 ヨガ 現在全米ヨガアライアンスの資格取得のため勉強中。


スピリチュアルランキング


霊視ランキング

通話カウンセリング詳細はこちらから
遠隔ヒーリング全メニューはこちらから
Instagram フォローよろしくお願いします。
電子書籍「地上の女神覚醒へ」画像をクリックするとAmazonへとびます
半澤登志子 オンラインヨガ 瞑想クラスについて

ページの先頭へ