自分を愛し、慈しみ、綺麗に生きるために。食事と感謝の関係とは


anemone3月号に掲載されました!

私は、食事の時間をとても大切にしています。


食事の時間くらいは、自分の身体にむきあい、食材にむきあい、頑張っている自分に栄養をおくってあげる事を意識し、自分を生かしてくれている食材に感謝をしたいです。


どんなにメールがたまっていても、仕事の事で頭がいっぱいでも、食事のときくらいはスマホやテレビ、余分な思考から離れ、ゆっくり味わいたい。

それが自分への愛だと思います。だって、一生懸命生きて頑張っている自分ですからね。


私はたんぱく質リッチ、糖質制限の食生活をしていますので、お肉もよくいただきます。命をいただくと、とても元気になります。だから絶対に感謝をしてからいただきます。「命をいただいていることに感謝」なのです。


砂糖は口にしません。料理にはラカントのような、エリスリトールで甘みをつけます。お菓子も食べません。ですが、甘いものが大好きなので、自分で糖質制限スイーツを手作りして食べています。


砂糖は思考をぐちゃぐちゃにさせますし、血糖値をあげますので身体によくないです。


そして、どんな食事にしても、「食べられるって幸せだ」という気持ちだけは忘れないようにしています。


食事は生きる根源です。食事をおろそかにしているとメンタルに影響します。これは、食事の内容だけでなく、感謝して食べない、という事もです。感謝していただこうとすると、不思議と身体が元気になります。


今日の食事くらいは、スマホから手をはなして、ゆっくりと感謝して味わってみませんか?


マインドフルネス的食事で、ひとくち噛むごとに味わう、というやり方もありますが、忙しい現代人はそこまで食事に時間をかけられないかもしれません。ですが、感謝だったらほんの1分でも、数秒でもできます。


「お肉さん、お魚さん、お野菜さん、お米さん、私の身体にはいって、栄養になってくれてありがとう。私が元気になりますように」と、味ってみるだけでも全然違いますよ。 

関連記事はこちら

メルマガ「女神のギフト」では、幸せになる栄養学を配信中です!

メルマガ「女神のギフト」登録フォームはこちら


この記事に関連する記事一覧

最近の投稿


半澤登志子

1971年8月 横浜市生まれ
現在は岐阜県多治見市在住

スピリチュアルヒーリング カウンセリング
女神 聖母 ドラゴンマスター シャーマンエンジェル
エステティックサロン なごみサロンオーナーエステティシャン
マインドフルネススペシャリスト
新 女神の覚醒講習 講師
チャネリングコネクテッド講習 講師
無条件の愛のヒーリング講習 講師
新 サイキックプロテクション講習 講師
日本マヤ暦セラピスト協会認定 マヤ暦ライフナビゲーター

パニック障害、うつ、過食症、不眠症などを
ヒーリングや食事法、マインドフルネス瞑想で克服

スピリチュアル情報誌anemone 2019年3月号に掲載される

変化を促すヒーリング、エネルギーワークや、究極の自己受容を実現する地上の女神覚醒講習、発達障害の子育てカウンセリングをスピリチュアルの観点から行う。エステティシャンとしての外からのビューティー、ヒーラーとしての霊性からのビューティーと、究極のスピリチュアルビューティーを目指している。魂の入れ物、身体を大切にするための食事法も大切にしている。

自分をとことん愛し、受け入れ、地上に愛を広げる女神を広げげています。究極のスピリチュアルビューティーは、自己受容からだと信じています。

詳しいプロフィールはこちら

趣味 クラシックバレエ ヨガ 現在全米ヨガアライアンスの資格取得のため勉強中。メルマガ「女神のギフト」好評配信中!

カテゴリー

ページの先頭へ